ブログ

痛風の診断

痛風の診断は、痛風の発作中の関節の中に尿酸の結晶があることを証明することで確定しますが、痛風の症状は特徴的なので、通常は症状や経過で診断します。
1.ひとつの関節だけに症状がある
2.関節が赤く腫れている
3.症状が出てから1日以内にピ-クになる
4.同じような症状が以前にもあったことがある
5.片足の親指の付け根または足首の関節に炎症があり、赤く腫れていて激痛がある。
6.血液検査で尿酸値が高い

 

新宿 皮膚科|新宿駅前クリニック : http://www.shinjyuku-ekimae-clinic.com

カテゴリ:内科, 痛風 and tagged

企業の医療担当者様へ

twitter