ブログ

痛風の日常生活の注意点

1.食事(プリン体)の制限
プリン体は様々な食事に含まれていますので、食事全体の量を減らすことが必要です。特に、 いわし、えび、かつおぶし、白子、レバーなどにはプリン体が多く含まれていますので、たくさん食べ過ぎないことです。
2.アルコール制限
ビールや発泡酒には、非常に多くのプリン体が含まれています。日本酒やワインでは、プリン体の量は、ビールの十分の一ぐらいになり、更に、ウイスキーや焼酎などでは、非常にプリン体の量が少なくなります。
3.水分摂取
尿酸は、腎臓から尿の中に排泄されます。水分を十分にとり、尿の量を多くすれば、尿酸も尿中により多く排出されます。
4.軽い運動
ウォーキング(早足での散歩)、水泳などの有酸素運動は尿酸値を上げずに、無理なく続けることです。激しい運動や脱水を起こすような運動は、尿酸値を上げて、痛風発作を誘発することがあります。
炎症を起こしている時には、運動は控えておいたほうよいでしょう。

 

新宿 皮膚科|新宿駅前クリニック : http://www.shinjyuku-ekimae-clinic.com

カテゴリ:内科, 痛風 and tagged

企業の医療担当者様へ

twitter