ブログ

インフルエンザはどのタイミングで検査をすべき?

インフルエンザの検査はタイミングが重要です。早すぎると陽性の結果が出ないことがあり、遅すぎると症状が出て体調を崩してしまいます。インフルエンザの検査はどのタイミングですればいいのか、知っておきましょう。

インフルエンザの検査は発症してから12~24時間が経過した頃が望ましいです。抗インフルエンザ薬は、インフルエンザの症状が出てから48時間以内に服用することが効果的といわれており、発症してから2日以上経つと、効果が半減してしまいます。

しかしタイミングというのは難しいものです。風邪との違いも分かりにくいでしょう。インフルエンザの場合は、高熱が特徴ですから、熱が下がらない、関節痛がある、悪寒がするといった症状を伴う場合はすぐに検査に行くといいでしょう。

風邪であればそれに越したことはありません。自己判断で風邪だろうから病院に行かなくても大丈夫、と思っていてインフルエンザだった場合は、薬も効かなくなってしまい苦しむことになります。特に周りでインフルエンザにかかっている人がいる場合は、インフルエンザの可能性も高くなりますので、すぐに検査を受けることをおすすめします。

新宿で耳鼻科をお探しの場合は、当医院にお越しください。症状が出たら少しでも早めに対策をすることが大事です。

 

新宿 皮膚科|新宿駅前クリニック : http://www.shinjyuku-ekimae-clinic.com

カテゴリ:インフルエンザ and tagged

企業の医療担当者様へ

twitter