亀頭包皮炎の治療法

細菌性亀頭包皮炎の治療法

細菌性亀頭包皮炎の治療法は、皮膚の腫れや痛みがあり、炎症がひどい場合、抗生物質の飲み薬や抗生物質の塗り薬を使用します。 同時に赤みやかゆみがある場合は、微量のステロイド含有の塗り薬を使用することもあります。もしくは抗生物質の塗り薬と微量のステロイド含有の塗り薬を混合して使用することもあります。 治療薬の効果には個人差がありますので、経過をみながら薬を調節します。

カンジダ性亀頭包皮炎の治療法

カンジダ性亀頭包皮炎の治療法は、抗真菌剤の塗り薬を使用します。基本的には亀頭や包皮は粘膜が敏感なため、クリームよりも刺激のない軟膏を使用することが望ましいと考えられます。 同時に赤みやかゆみがある場合は、微量のステロイド含有の塗り薬を使用することがあります。もしくは抗真菌剤の塗り薬と微量のステロイド含有の塗り薬を混合して使用することもあります。 治療薬の効果には個人差がありますので、経過をみながら薬を調節します。

細菌性亀頭包皮炎とカンジダ性亀頭包皮炎の混合している状態の治療法

細菌とカンジダが混ざって炎症を引き起こしている状態の場合は、抗生物質の飲み薬、抗真菌剤の塗り薬、微量のステロイド含有の塗り薬を混ぜて使用することもあります。 治療薬の効き目に個人差があるため、状況にあわせて薬を処方しております。

ページのトップに戻る