亀頭包皮炎の注意点

性交渉のパートナーが膣カンジダ症を持っている場合は感染しやすく注意が必要です。

陰部の皮膚に対して用いられることの多いグリメサゾンはピーナツ、タバコの匂いがします。

グリテールというかゆみ抑え、皮膚を乾燥させる成分が入っているためですが、問題ありませんのでご安心してご使用ください。

患部を清潔にすることが必要ですが、逆に石けんをつけて強く洗いすぎてしまうと、症状を悪化することもあるため注意が必要です。

風俗店などで遊んだ後、数日してから亀頭包皮炎を起こすことがあり、クラミジアなどの性感染症を合併することもあります。

亀頭包皮炎は汚れがひどく不衛生なため引き起こされていると考え、石けんを使いしっかり手などで洗ってしまうこともあります。

亀頭や包皮の皮膚は皮膚が薄く敏感なため、石けんを使うと必要な脂分がとれすぎて皮膚が炎症を起こしやすくなり、逆に細菌が増殖しやくなることがあります。

石けんやボディソープなどはむしろ使わずに、軽くぬるま湯で洗い流す程度にしていただき、できるだけ刺激を避けることが大切です。

シャンプーや体を洗ったボディソープの泡が陰部にもつ付着するため、皮膚表面の雑菌などはある程度自然に流されますので、不衛生になりすぎることは避けることができます。

ページのトップに戻る