クラミジアの原因

男性の場合

尿道の入り口から尿道へ感染します。 その後、ひどくなると、炎症が広がり、精巣上体炎(副睾丸の炎症)をおこすこともあります。

女性の場合

子宮頸管(子宮入り口)へ感染し、子宮頸管炎をおこします。 その後、放置していると卵管炎をおこし、子宮外妊娠や不妊症の原因にもなります。 さらに上腹部へ感染が広がり、肝周囲炎を引きおこすこともあります。 感染経路 性交渉、オーラルセックスにより感染します。 性器や咽頭の粘膜からパートナーの性器や咽頭の粘膜へと感染します。 1回の性交渉でクラミジア感染症がうつる可能性は接触の時間、自分の体調 などにより差があります。

潜伏期間

5日~3週間前後

ページのトップに戻る