風邪の原因

風邪は、細菌やウイルスが鼻の粘膜、のど、気管支などに侵入して感染し、急性の炎症を伴う病気です。

風邪という病名は症状の総称なので、正確には風邪症候群、急性上気道炎、感冒などとも呼ばれています。風邪を悪化させると、気管支炎や肺炎になることもありますので、早めの対処が必要です。

風邪の原因はウイルス(ライノウイルスやアデノウイルス)と細菌(溶連菌、肺炎球菌、インフルエンザ桿菌、百日咳など)の感染で起こります。まれに、マイコプラズマ、レジオネラなどの感染により起こることもあります。

ウイルスや細菌が、咳、くしゃみ、手などから、直接鼻や口へ入って感染します。家族や職場の同僚など、同じ空間に長時間いる方が風邪をひいていると、風邪をもらいやすくなりますので、注意が必要です。

風邪になりやすい要因としては乾燥、寒冷、温度変化などのほかに、疲労や睡眠不足などもあります。

ページのトップに戻る