風邪の治療法

風邪の治療法は休養をとること、薬物療法が中心になります。休養をとり、免疫力を高めることは重要で、免疫力が弱った状態では、ウイルスや細菌が増殖しやすく、治りが悪かったり、悪化してしまうこともあります。

薬物療法は症状によって合わせた薬を使用します。熱が高い場合は熱を下げる薬、咳がひどい場合は咳止めの薬、鼻水がひどい場合は鼻水の薬、漢方薬など、症状にあわせて薬を服用します。細菌感染が原因である場合や、後から細菌感染を起こすこともあるので、抗生物質の飲み薬が必要になることもあります。

薬局で販売されている市販薬は、どんな症状にも効くようにいろいろな成分が少量含まれており、不用意に眠くなったり、効果が弱いこともあります。

ページのトップに戻る