風邪の治療薬

薬物療法は症状によって合わせた薬を使用します。

熱が高い場合や痛みが強い場合は、熱を下げる効果や痛み止めの効果のある薬を使用します。なお、痛み止めは頭痛、のどの痛み、関節痛、腰痛などにも効果的です。
ロキソニン、ボルタレン、ブルフェン、カロナール

咳がひどい場合は咳止めの薬を使用します。
アストミン、メジコン、フスコデ、麦門冬湯(漢方薬)

その他にも、咳がひどい場合、気道を広げる作用のある薬を使用することがあります。
ホクナリンテープ、テオドール

気道が敏感になっている場合は過敏性を抑える薬を使用します。
ブランルカスト、オノン、シングレア

長引く咳の場合は、気道の炎症を抑える効果のある吸い薬を使用します。
アドエアー、シムビコート

鼻水がひどい場合は鼻水の薬を使用します。
PL顆粒、ピーエイ、ポララミン、アレグラ
細菌感染を起こしている場合後から細菌感染を起こす可能性が高い場合は、抗生物質を使用します。

  • マクロライド抗生物質(百日咳、マイコプラズマなどに効果的です。)

    クラリス、クラリシッド、ジスロマックSR、ルリッド

  • セフェム系抗生物質

    フロモックス、メイアクト、セフゾン(溶連菌、肺炎球菌などに効果的です。)

  • ぺネム系抗生物質

    ファロム

  • ニューキノン系抗生物質

    クラビット、オゼックス、ジェニナック

ページのトップに戻る