コンジローマ 感染方法

粘膜が直接擦れる性交渉、オーラルセックスにより感染します。
アトピーや洗いすぎにより傷があるとコンジローマはできやすい状態にありますので注意が必要です。

皮膚が荒れやすい方は尖形コンジロームが広がりやすいので荒れないようにケアすることが大切です。 コンドームをつけていてもコンドームがついていない陰茎の根元や睾丸には感染する可能性はあります。
再発することもあるので定期的に確認しながら治療を継続することが重要です。

ページのトップに戻る