咳でお困りの方へ

気管や気管支の分泌物や、外からの異物などを排出しようとする反射的な運動が咳です。
気道から分泌される粘液の量が、病気により異常に増えることにより、のどから排出されるのが痰(たん)です。

ページのトップに戻る

咳の原因

咳は、風邪や、風邪をひいた後に風邪は治っても気道が過敏になるために引き起こされることが多いです。それ以外でも様々な原因で咳は引き起こされます。

ウイルスや細菌による感染

風邪やインフルエンザのウイルス、細菌に感染すると、空気の通り道であるのどや気管、気管支、肺が炎症を起こすことで、咳や痰が出ます。
また、風邪の後、気道の粘膜が敏感になり、咳が続く場合もあります。

気管支炎

ウイルスや細菌による感染などによって、気管支が炎症を起こします。
急性気管支炎は、乾いた咳、発熱、のどの痛み、鼻水、頭痛などの症状が起こります。

肺炎

ウイルスや細菌が肺に感染し、炎症を引き起こします。風邪が悪化して肺にまで炎症が広がり、肺炎になることもあります。
38℃以上の高熱が続き、肺の働きが低下して呼吸が苦しくなることもあり、重症の場合は、入院することもあります。

咳喘息

咳喘息とは、慢性的に咳が続く気管支の病気です。風邪と併発して起こることが多く、風邪をひいたあとに2週間以上咳が続く場合は咳喘息の可能性があります。
いろいろな刺激に対して過敏になっている状態で、気道の炎症や咳が続きます。
特にお風呂に入った後やベッドに入った後に体があたたまると咳が起こりやすくなります。

花粉やハウスダストなどのアレルギー

喘息などは、主にアレルギーが関与していることが考えられます。
花粉など決まった季節にあらわれるものと、ハウスダストによって1年中続くものがあります。
スギなどの花粉や、ダニやホコリなどのハウスダストといったアレルギーの原因になる物質が、体内に侵入してアレルギー物質を作り、咳を引き起こします。

タバコの煙による刺激

直接タバコを吸っていなくても、周りの人が吐き出した煙によって咳が出ることもあります。
タバコの煙に含まれるタールは、気管や気管支を刺激して咳や痰を引き起こす原因にもなります。

気管支喘息

アレルギーによる気管支の炎症や、アレルギーによって気道が過敏になって気道が狭くなり、息苦しくなる発作を繰り返します。
喘息の発作時には、呼吸するとゼイゼイ、ヒューヒューという音がします。

ページのトップに戻る

咳の治療法

原因により治療法は変わります。
基本的には、咳を止めるために咳止めの飲み薬(メジコン、アストミン、フスコデ)、咳止めの漢方薬(麦門冬湯)、気管支を広げる貼り薬(ホクナリンテープ)、気管支の反応を抑える飲み薬(ブランルカスト、シングレア)を使用します。
なかなか咳が止まらない場合は、気管支が敏感になっているのを抑える吸い薬(アドエアー、シムビコート)を使用します。

ページのトップに戻る

咳の注意点

室温、湿度を調整する

空気が乾燥すると、咳がでやすくなります。のどに潤いをあたえるために、乾燥した環境は避けて、室温が20~25℃に、湿度が60~80%になるように調整します。
湿度の調整は加湿器以外にも、部屋に濡れタオルを干すなどの工夫により代用できます。
なお、寝るときにマスクをすると、自分の息で湿度が保たれ、咳をしずらくなります。

刺激をを避ける

タバコの煙や刺激臭などは咳や痰の悪化の原因になります。喫煙を控えるのはもちろんですが、周囲からのタバコの煙にも注意しましょう。
マスクをして刺激のある空気を吸い込まないことが大切です。

ページのトップに戻る