膀胱炎の原因

膀胱炎とは、大腸菌などの細菌が尿道から侵入して、膀胱の粘膜で増殖して炎症を起こす病気です。
女性は尿道が4cm程度と短く、肛門や腟が尿道から近く細菌が侵入しやすいために、不潔になりやすいため、女性に起こりやすい病気です。

膀胱炎は、細菌の感染が原因で起こり、80%以上は大腸菌によるものです。それ以外に膀胱炎を引き起こす菌としては、ブドウ球菌、セラチア菌、プロテウス、腸球菌などがあります。
誘因としては、長時間トイレの我慢、水分摂取不足、風邪や過労などによる抵抗力の低下、性行為、ストレスなどがあります。
免疫力が下がっている状態ですと、尿道に細菌が侵入しても、増殖を抑えられずに、膀胱の粘膜に炎症を起こしやすくなります。

ページのトップに戻る