膀胱炎と漢方

膀胱炎の漢方薬には、猪苓湯(ちょれいとう)、清心蓮子飲(せいしんれんしいん)などを使用します。

ページのトップに戻る

体力がふつうの場合(中間証)

猪苓湯(ちょれいとう)

膀胱炎の漢方薬の第一選択です。
尿路の熱や腫れをひき、尿の出をよくします。頻尿、残尿感、血尿などの排尿異常に適応します。口の渇きやイライラ感、不安感などをともなうときにも向きます。

漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。
猪苓湯は、主薬の猪苓(ぶくりょう)をはじめ、以下の5種類の生薬からなります。猪苓(ちょれい)と沢瀉(たくしゃ)、茯苓(ぶくりょう)は、漢方の代表的な利尿薬で、水分循環を改善し尿の出をよくします。また、阿膠(あきょう)は、ロバなど動物の皮を原料とした生薬で、止血作用があります。さらに、滑石(かっせき)は、熱や炎症を抑える働きをします。
これらがいっしょに働くことで、膀胱炎に効果を発揮します。

  • 猪苓(チョレイ)
  • 沢瀉(タクシャ)
  • 茯苓(ブクリョウ)
  • 阿膠(アキョウ)
  • 滑石(カッセキ)

ページのトップに戻る

体力がない場合(虚証)

清心蓮子飲(せいしんれんしいん)

尿路の熱や腫れをひき、痛みやわらげ、尿の出をよくします。頻尿、排尿痛、残尿感などの排尿異常に適応します。
胃腸が弱く疲れやすい人、不安感やイライラ感、不眠など神経症状などがある場合に適しています。

漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。
清心蓮子飲の構成生薬は、下記の9種類です。熱や腫れをひく黄ごんや麦門冬(ばうもんどう)、尿の出をよくする茯苓(ぶくりょう)や車前子(しゃぜんし)、滋養・強壮作用の人參(にんじん)や黄耆(おうぎ)、気分を落ち着ける蓮肉(れんにく)などが配合されています。
これらがいっしょに働くことで、膀胱炎に効果を発揮します。

  • 黄ごん(オウゴン)
  • 麦門冬(バクモンドウ)
  • 茯苓(ブクリョウ)
  • 車前子(シャゼンシ)
  • 人參(ニンジン)
  • 黄耆(オウギ)
  • 甘草(カンゾウ)
  • 蓮肉(レンニク)
  • 地骨皮(ジコッピ)

ページのトップに戻る

体力がある場合(実証)

竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)

ページのトップに戻る