糖尿病の原因

糖尿病とは、インスリンの働きが悪かったり、すい臓から分泌されているインスリン(血糖を調節するホルモン)が不足したりするために、血糖値と呼ばれる血液中のブドウ糖濃度が増え、身体にさまざまな障害が起きる病気です。

糖尿病は、遺伝的な体質と生活習慣などが原因となって発症します。糖尿病というと、その字のままに「尿に糖が出る病気」というイメージがありますが、実は血液中の糖分つまり血糖の割合が高くなる病気です。

両親・兄弟・祖父母・親の兄弟の血のつながりのある方に糖尿病があると、遺伝的には糖尿病になりやすい可能性はあります。昔は糖尿病の素質があっても、食料事情が悪く、発病しないでいられたと考えられます。家族に糖尿病の人がいなくても安心はできません。糖尿病には2種類のタイプがあります。

子供や若年から発症する1型糖尿病と、中高年以降に発症する2型糖尿病です。2型糖尿病は日本人の糖尿病の95%以上を占めています。膵臓からのインスリンの分泌はあるものの、その量が不足していたり、十分に作用が発揮されないために起こります。1型糖尿病は、膵臓のインスリンを作る細胞が破壊され、インスリンの分泌が極端に低下、または全くなくなるために起こります。子供や若年のうちに始まることが多く、インスリン注射による血糖値の管理が欠かせません。

2型糖尿病の原因

  • 食事の食べすぎ
  • 運動不足
  • 薬剤(副腎皮質ホルモン剤や抗精神薬など)の副作用
  • 身体的、肉体的ストレスによるインスリン作用の低下
  • 遺伝(体質的にインスリンの分泌量が少ない)
  • 老化による膵臓機能の低下
  • 妊娠

ページのトップに戻る