糖尿病の合併症

糖尿病になると、さまざまな合併症が起こります。動脈硬化が進行し、心筋梗塞、狭心症などの心臓の病気、脳梗塞などの脳卒中、足の閉塞性動脈硬化症など重大な病気にかかりやすくなります。糖尿病の3大合併症は糖尿病性網膜症糖尿病性神経障害糖尿病性腎症のことをいいます。

糖尿病性網膜症は眼の網膜に出血が起きるなどして、失明することがあります。日本人の失明の原因で最も多いのが糖尿病性網膜症によるものです。

糖尿病性神経障害は足を切断する必要が出てくる足壊疽(えそ)、排尿障害・インポテンツ、下痢、便秘などの自律神経障害や足がしびれる末梢神経障害があります。

糖尿病性腎症は腎臓が機能しなくなり、尿の蛋白が増えて、腎不全を起こします。
ひどくなると透析が必要になることもあります。

その他にも歯周病や脈拍の異常、白内障、膀胱炎、肺炎、気管支炎、こむらがえりや筋萎縮、などの合併症があります。

ページのトップに戻る