糖尿病の注意点

糖尿病は症状がないことが多いため、糖尿病の薬を飲まなくなってしまう方もいらっしゃいます。定期的に血液中の血糖値、HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)を測り、適切にコントロールすることが、動脈硬化の進行を抑え、重大な病気(心筋梗塞、脳梗塞)を予防することになります。

糖尿病治療において注意点がいくつかあります。

低血糖に注意しましょう

糖尿病治療では、糖尿病治療薬が効きすぎてしまい、低血糖が起こることがあります。
低血糖とは、一般に血糖値が70mg/dl以下になったときをいいます。
低血糖と感じたら、医師の指導通り糖分を取って、安静にしてください。
低血糖の症状が

  • 冷や汗
  • 動悸
  • 手先の震え
  • 強い空腹感

低血糖は起こりやすいときがあります。注意しましょう。

  • いつもより食事量が少なかったり、食事をとる時間が遅れてしまったとき
  • アルコールを飲んだとき
  • 薬の量が適正でないとき
  • いつもより激しい運動をしたとき
  • 解熱剤、鎮痛剤などの他の薬を服用したとき

なお、α-グルコシダーゼ阻害薬(ベイスン、グルコパイ)を服用している患者さんが低血糖になった場合は、砂糖ではなくブドウ糖をとらねばなりません。

シックデイ

糖尿病患者さんが、風邪や下痢などの他の病気になった場合をシックデイ(Sick Day)といいます。
このような体調の悪いときには血糖コントロールが乱れ、高血糖になったり、食事が十分に取れず血糖値がいつもより低くなったりします。
体調がすぐれないときは早めに医師に相談することが大切です。

シックデイ ルール(風邪や下痢など糖尿病以外の病気にかかったときの、患者さんの自己管理の方法)

  • 早めに受診して、適切な治療をうけましょう。
  • 体を暖かくして、安静にしましょう。
  • 水分はしっかりとりましょう。
  • 薬の服用は勝手に中止しないでください

ページのトップに戻る