発熱でお困りの方へ

発熱とは体温が37.0~37.5度以上に上昇することをいいます。
熱の出方もさまざまで、37度前後の微熱のこともあれば、39度以上の高熱になることもあります。

発熱の原因

発熱の原因の多くは、ウイルスや細菌などが、咽頭、気管支、腸などに感染することにより引き起こされます。

発熱の治療法

発熱の原因によって治療法は変わります。
ウイルスや細菌の感染症であれば、熱を下げる飲み薬や抗生物質の飲み薬を使用します。

発熱の注意点

通常は、寒気のある時は、体を温める必要があります。
逆に手足が温かく、顔色が赤みがありほてっている時は、頚部、額、わきの下などを少し冷やしてあげたほうが楽になります。
なお、こまめに水分を補給することも大切です。
発熱は体内に異常が発生したことを示す警報のようなものですので、むやみやたらに熱を下げればよいというわけではありません。

ページのトップに戻る