花粉症の治療法

治療法は薬物療法が中心になります。 花粉症の治療には、症状が現れることを予防する初期の薬物療法、症状が現れた後の薬物療法、体質改善のための漢方薬による治療があります。

初期の薬物療法

初期療法によって、症状が出る時期を遅らせ、花粉シーズン中のつらい症状を軽くし、また、症状の終了を早めることができます。
花粉の飛散開始日を基準として、その2週間程度前から毎日予防的に抗アレルギー薬(アレグラ、アレジオン、アレロックなど)の内服や、点鼻薬・抗アレルギー薬の点眼薬(パタノ-ルなど)を使用します。

症状が現れた後の薬物療法

くしゃみ、鼻汁、鼻づまりに対しては、抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬(アレグラ、アレジオン、アレロックなど)を内服します。最近の抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬は、眠気が少なく、1日1回の内服でコントロールできるものが増えています
。眠気が少なく、1日1回の内服できるものとしてはエバステル、クラリチン、アレジオンなどがあります。

鼻汁、鼻づまりが強い場合の治療法

点鼻薬を使用します。直接粘膜に働くため、眠気がないのが利点です。

鼻づまりが強い場合の治療法

ロイコトルエン拮抗薬やトロンボキサンA2拮抗薬などの薬剤を併用することもあります。鼻づまりが非常に強い時にだけ使う点鼻薬の血管収縮薬もうまく併用します。

目のかゆみが強い場合の治療法

抗アレルギー薬の点眼薬を使用します。目のかゆみが特に強いときはステロイド点眼薬を短期間使用します。

漢方薬による治療法

漢方薬は、花粉症に対しては症状の緩和だけでなく、全身の体質改善のため、小青竜湯(ショウセイリュウトウ)などを使用します。

ページのトップに戻る