花粉症の治療薬

花粉症の治療薬は眠くなるから困ると、お悩みの方も多いと思いますが、病院で処方される薬の中には、眠気の起こりにくい薬もあります。
なお、薬局で市販されている薬の多くは第一世代抗ヒスタミン薬です。以前から使われていた第一世代抗ヒスタミン薬は鼻炎の風邪薬の成分で、鼻水・くしゃみを止めますが、眠気が強く、口が乾きやすく、緑内障や前立腺肥大のある方には使えません。
花粉症の治療薬は健康保険も適応され、一般的には、薬局で市販されている花粉症薬よりも低価格ですむことが多いです。なお、体質改善のため、漢方薬を処方することも可能です。

病院で処方することのできる新しい第二世代抗ヒスタミン薬は抗アレルギー薬とも呼ばれていて、副作用を軽減され、ほとんど眠気がない薬もあります。
抗アレルギー薬にはアレグラ、クラリチン、エバステル、アレジオン、アレロック、ジルテックなどがあります。目安としては、効果を3段階に分けると以下のようになります。

抗アレルギー薬について

処方眠気効果効果段階
アレグラ1日2回ほとんどない強い2
クラリチン1日1回ほとんどないやや強い1
エバステル1日1回ほとんどない強い2
アレジオン1日1回ほとんどない強い2
アレロック1日2回ありかなり強い3
ジルテック1日1回ありかなり強い3

最近の抗アレルギー薬は、眠気が少なく、1日1回の内服でコントロールできるものが増えています。
眠気が少なく、1日1回の内服できるものとしてはエバステル、クラリチン、アレジオンなどがあります。
ステロイドの飲み薬(セレスタミン、リンデロン)は非常に効果が強い薬です。医師の指示通り短期間飲む場合は、副作用もでることはまずなく、安全性が高い治療法です。飲み薬以外の花粉症の薬は眠気はなく、効果的です。

鼻汁、鼻づまりが強い場合

点鼻薬(アラミスト、フルナーゼ、ナゾネックス)を使用します。直接粘膜に働くため、眠気がないのが利点です。副作用もほとんどありません。

鼻づまりが強い場合

ロイコトルエン拮抗薬(プランルカスト、オノン、シングレア)やトロンボキサンA2拮抗薬などの薬剤を併用することもあります。
鼻づまりが非常に強い時にだけ使う点鼻薬の血管収縮薬(トーク)もうまく併用します。これらの薬も眠気はありません。

目のかゆみが強い場合

抗アレルギー薬の点眼薬(パタノール、リボスチン)を使用します。目のかゆみが特に強いときはステロイド点眼薬(フルメトロン)を短期間使用します。点眼薬には眠気はないです。

漢方薬は、花粉症に対しては症状の緩和だけでなく、全身の体質改善のため、小青竜湯(ショウセイリュウトウ)などを使用します。

ページのトップに戻る