花粉症の漢方

花粉症の漢方薬には、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)を中心に使用します。

ページのトップに戻る

体力がふつうの場合(中間証)

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

花粉症の漢方薬の第一選択です。

発汗作用があり、水分バランスを調整する働きがあります。
鼻水、体の熱や腫れ、痛みを発散させます。西洋医学的にも、抗アレルギー作用、抗炎症作用などが認められています。
具体的には、花粉症、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、気管支喘息などに使用します。

漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。小青竜湯の構成生薬は下記の8種類です。
咳やアレルギー症状をおさえる半夏(はんげ)、五味子(ごみん)、細辛(さいしん)が含まれます。
薬理的に重要な役割をする麻黄(まおう)には、交感神経刺激薬のエフェドリンが含まれます。そのほかにも、おだやかな発汗・発散作用のある桂皮(けいひ)、痛みをやわらげる芍薬(しゃくやく)などが含まれます。
これらがいっしょに働くことで、花粉症に効果を発揮します。

  • 麻黄(マオウ)
  • 桂皮(ケイヒ)
  • 芍薬(シャクヤク)
  • 半夏(ハンゲ)
  • 五味子(ゴミシ)
  • 細辛(サイシン)
  • 乾姜(カンキョウ)
  • 甘草(カンゾウ)

ページのトップに戻る

体力がある場合(実証)

越ぴ加じゅつ湯(えっぴかじゅつとう)

浮腫と尿の減少、皮膚のしまりがある花粉症

ページのトップに戻る

体力がない場合(虚証)

苓甘きょう味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)

冷え症で、貧血気味で、胃腸虚弱気味の花粉症

麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)

顔色は蒼白で手足の冷え、疼痛、無気力、倦怠感などの症状がある花粉症に効果的です。
発汗作用があり、体の熱や腫れ、体をあたため痛みをやわらげます。

漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。麻黄附子細辛湯は、麻黄(まおう)と附子(ぶし)と細辛(さいしん)の3種類の生薬からなります。
麻黄は発汗・発散作用をもつ代表的な生薬で、病因を発散して追い出すような働きをします。麻黄には薬理的にも重要な役割をする交感神経刺激薬のエフェドリンが含まれます。これに、体をあたため痛みをやわらげる附子(ぶし)と細辛(さいしん)が加わります。
これらがいっしょに働くことで、花粉症に効果を発揮します。

  • 麻黄(マオウ)
  • 附子(ブシ)
  • 細辛(サイシン)

ページのトップに戻る