花粉症薬がきかない方へ

地元の内科や耳鼻科の病院で処方された薬を飲んでも、鼻水くしゃみの症状がなかなか治らない花粉症の方もいらっしゃいます。
花粉症の中でも作用が強い薬と弱い薬がたしかにありますが、効き方にはかなり個人差がありますので、自分にあった薬を飲むことが重要になります。

効果がない場合や効果が不十分の場合は、別の種類の薬に変更または別の種類の薬を追加することになります。

一般的に、効果の強い花粉症薬はアレロック、ジルテックなどがあります。鼻水・鼻づまりがひどい場合は、短期間セレスタミン、プレドニンなどのステロイドの飲み薬を使用することもあります。

また、抗アレルギー薬にみられる眠気やのどの渇きがない漢方薬(小青竜湯など)が体質改善にも有効なこともあります。

ページのトップに戻る