高血圧の症状

高血圧は自覚症状がないことがほとんどです。健康診断などで、指摘されて初めて気がつくこともあります。

極端に血圧が高くなったり、疲れがたまったときには、頭痛、頭重感、肩こり、顔のほてり、動悸、めまいなどの症状を感じることがあります。一度あった自覚症状がすぐに消失しても、高血圧が持続していることがあります。高血圧が長い間続くと、血管に大きな負担がかかり、血管が傷つき、つまりやすくなります。そのままにしておくと、全く症状がないまま、脳出血、脳梗塞、心筋梗塞などの合併症を引き起こすこともあります。

血圧を下げてコントロールすることにより、合併症を起こす確率を減らすことができますので、症状の有無にかかわらす、定期的に血圧を測定することが大切です。症状がなくても血圧が高い場合は医師に相談することをおすすめします。

ページのトップに戻る