高血圧の治療法

高血圧の治療法には、食事療法運動療法薬物療法があります。高血圧の治療目標は、正常血圧(最高血圧130mmHg未満、かつ最低血圧85mmHg未満)にすることです。

定期的に血圧を測ることは重要で、最も正確なのが家庭での血圧測定です。家庭血圧の測定は、早朝の高血圧や白衣高血圧を発見したり、血圧を下げる薬の効果を評価するのにも役立ちますので、血圧手帳をつけるとよいでしょう。130/85mmHgまでが正常血圧とされていますが、それよりも血圧が高い方は食事療法と薬物療法をおこないます。

若年者や糖尿病などの他の病気の方では、さらに血圧を下げなければいけないこともあります。食事療法と運動療法は、すべての高血圧の患者さんが最初に取り組む治療であるとともに、長期にわたって続けていく治療の基本でもあります。

食事療法や運動療法を行なっても、血圧が下がらない場合は、食事療法と運動療法を併用しながら、薬物療法を行ない、血圧を下げる薬(降圧薬)を内服します。薬の種類はいくつかありぞれぞれ合ったものを選びます。通常は1種類から開始し、徐々に適正な血圧にコントロールしていきます。1種類で不十分な場合には、他の降圧薬を併用します。

ページのトップに戻る