高血圧と漢方

高血圧の漢方薬には、七物降下湯(しちもつこうかとう)、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)などを使用します。
漢方薬は高血圧に、単独または降圧薬と併用することに効果を発揮します。

ページのトップに戻る

体力がない場合(虚証)

七物降下湯(しちもつこうかとう)

高血圧の漢方薬の第一選択薬です。
血管を広げて血流を改善する作用があり、血圧を下げる効果も期待できます。高血圧にともなう症状、たとえば、頭重感、肩こり、のぼせ、耳なり、めまい感などです。体が弱く、冷えのある人に適しています。

漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。七物降下湯の構成生薬は7種類です。おもに、当帰(とうき)や川きゅう(せんきゅう)など血流をよくして体をあたためるものからなります。釣藤鈎(ちょうこうとう)には、脳血管を広げて脳循環をよくする作用もあります。これらがいっしょに働くことで、高血圧に効果を発揮します。

  • 当帰(トウキ)
  • 川きゅう(センキュウ)
  • 芍薬(シャクヤク)
  • 地黄(ジオウ)
  • 黄耆(オウギ)
  • 黄柏(オウバク)
  • 釣藤鈎(チョウトウコウ)

ページのトップに戻る

体力がある場合(実証)

三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)

のぼせ、精神不安、便秘

大柴胡湯(だいさいことう)

体の熱や炎症をとり、機能の亢進をしずめます。また、痛みをやわらげたり、便通もつける作用もあります。高血圧にともなう頭重感や肩こり・めまい・耳鳴りなどに適応します。

漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。大柴胡湯は、主薬の柴胡(さいこ)をはじめ、下記の8種類の生薬からなります。柴胡(さいこ)と黄ごん(おうごん)の組み合わせにより、炎症をしずめる効果が高まります。半夏(はんげ)と枳実(きじつ)は、胸のつかえ感や吐き気をおさえ、また気分を落ち着けるのに役立ちます。そのほか、便通をつける大黄(だいおう)、痛みをとる芍薬(しゃくやく)などが配合されています。これらがいっしょに働くことで、高血圧に効果を発揮します。

  • 柴胡(サイコ)
  • 黄ごん(オウゴン)
  • 半夏(ハンゲ)
  • 枳実(キジツ)
  • 大黄(ダイオウ)
  • 芍薬(シャクヤク)
  • 生姜(ショウキョウ)
  • 大棗(タイソウ)

ページのトップに戻る

体力がふつうの場合(中間証)

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

体の熱や炎症をとり、機能の亢進をしずめる働きがあります。体力がある人で、のぼせ気味、血圧が高めの人に向いています。具体的には、のぼせ、ほてり、イライラ感、不眠、動悸、胃炎、鼻血などの出血、あるいは高血圧にともなう頭重感や肩こり・めまい・耳鳴りなどに適応します。

漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。黄連解毒湯の構成生薬は以下の4種類で、いずれも熱や炎症をしずめる寒性の生薬です。山梔子(さんしん)には、止血作用もあるといわれます。これらがいっしょに働くことで、高血圧に効果を発揮します。

  • 黄連(オウレン)
  • 黄ごん(オウゴン)
  • 黄柏(オウバク)
  • 山梔子(サンシシ)

ページのトップに戻る