頭痛でお困りの方へ

頭痛は、頭部のすべての部位にある、脳にある筋肉、血管、脳をつつむ膜などの組織が、なんらかの原因によって刺激をうけることによっておこります。
頭痛は、痛みの起こり方によって、急性の頭痛、慢性の頭痛、脳の病気による頭痛(危険な頭痛)に分けて考えられます。

ページのトップに戻る

頭痛の原因

急性の頭痛

風邪や二日酔いにより起こります。風邪や二日酔いの原因が治れば、頭痛も自然に治ります。

慢性の頭痛

片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛に分類されます。いわゆる頭痛持ちの頭痛で、肩こりやストレスも原因になります。

脳の病気に伴う頭痛(危険な頭痛)

頻度は多くありませんが、くも膜下出血、脳出血など、何の前ぶれもなく激しい痛みが起こることが多く、生命に危険がおよぶケースもあるので注意が必要です。
いつもの頭痛と違う強い頭痛や突然に見舞われる強い頭痛は要注意ですので、すぐに総合病院の救急外来を受診してください。

ページのトップに戻る

頭痛の治療法

頭痛の原因により治療していくことが重要になります。

風邪や二日酔いの場合

鎮痛剤(ロキソニン、ボルタレン、ブルフェン)を使用します。

片頭痛の場合

トリプタン製剤(イミグラン、マクサルト、レルパックス)を使用します。
鎮痛剤(ロキソニン、ボルタレン、ブルフェン)が有効なこともあります。漢方薬の呉しゅゆ湯(ごしゅゆとう)が効果的なことがあります。

緊張型頭痛の場合

鎮痛剤(ロキソニン、ボルタレン、ブルフェン)や筋肉のこりをほぐす(ミオナール、テルネリン)を使用します。

 

ページのトップに戻る

頭痛の注意点

鎮痛薬を飲む回数や量が増えてきた場合には、薬物乱用頭痛を引き起こすことがありますので、注意が必要です。
効果のある薬は人によりさまざまですので、自分にあった薬を適切に使用することが重要です。

ページのトップに戻る