高脂血症

高脂血症とは

人の血液の中には脂質と呼ばれる成分があり、重要な役割を担います。

脂質には「生きるためのエネルギー源」、「体の機能を充足させるためのホルモンの材料」、「体の基礎となる細胞膜の材料」、「伝達神経の材料」と多岐にわたった役割があるため、無くてはならないものです。

しかし使われる脂質の量以上に体内に脂質を蓄積してしまうと、反対に体に害を与えてしまことになります。

脂質には、トリグリセライド(中性脂肪)、コレステロール、燐脂質、遊離脂肪酸の4つの種類があり、それぞれ異なる役割を持ちながら血液内を循環します。

そのうち「コレステロール」はさらに「LDLコレステロール」と「HDLコレステロール」に分かれます。

血液検査ではよく周知されている総コレステロール値、LDLコレステロール値、HDLコレステロール値、トリグリセライド値(中性脂肪)という値があります。

これらの値で総コレステロール値またはLDLコレステロール値が高い、あるいはHDLコレステロールが平均値よりも低いという状態を「高脂血症」といいます。

当院内科は新宿や近郊から通院されている患者様が多いのですが、中には「高脂血症」と「脂質異常症」に困惑される方がいます。

以前から使用されていた症状名は「高脂血症」です。

しかし基準内容には全ての脂質が低ければ正常というわけではなく、HDLコレステロールは高いことでより良いと判断されるため「高脂血症」はふさわしくないということから「脂質異常症」が現在の症状名とされています。

高脂血症とは大病のリスクとなる

血液検査で高脂血症(脂質異常症)または「境界域」などと指摘された方の中には、それほど重要視していない方がいるかと思います。

脂質の異常そのものでは特に自覚症状は無いかと思いますが、脂質のコントロールをしないことでつながる病気があるという認識が必要です。

脂質は体内の器官にエネルギーを供給した後は、一部は肝臓に戻る仕組みがありますが、多くは血管の中に残ってしまいます。

やがてこれらは血管壁の陰に溜まりやすい性質があるため粥の性質に似たプラーク(粥腫)を形成してしまいます。

こうした残留が心筋梗塞や狭心症、または脳出血や脳梗塞の脳血管疾患発祥の大きなリスクになってしまいます。

脂質は少なければ良いということでもないため、ある程度の時間をかけながら数値の安定を図っていかなければなりません。

健康診断などで脂質に異常が出た場合は、軽視せずにしっかりとした食事改善や治療が必要になる場合もあります。

新宿にある当院内科では、診断から治療、高脂血症(脂質異常症)の治療だけに留まらず、LDLコレステロールなどの採血も実施していますので、お気軽にご相談ください。

高脂血症の原因

高脂血症の原因についてご説明いたします。

詳細を見る

高脂血症の症状

高脂血症の症状についてご説明いたします。

詳細を見る

高脂血症の治療法

高脂血症の治療法についてご説明いたします。

詳細を見る

高脂血症と漢方

高脂血症と漢方についてご説明いたします。

詳細を見る

高脂血症の治療薬

高脂血症の治療薬についてご説明いたします。

詳細を見る

高脂血症の注意点

高脂血症の注意点についてご説明いたします。

詳細を見る

ページのトップに戻る