高脂血症の原因

LDLコレステロール、中性脂肪が高いのを放置していませんか? 高脂血症とは、血液中のコレステロールや中性脂肪が増加する状態のことです。高脂血症を長い間放置しておくと、血管内にコレステロールや中性脂肪がたまって、血管がつまりやすくなります。狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などの、重篤な病気が引き起こされます。

コレステロールには、血管壁に取り込まれて蓄積し動脈硬化を起こす悪いコレステロールであるLDLコレステロールと、血管が細くなるのを予防する良いコレステロールであるHDLコレステロールがあります。動脈硬化を食い止めるために、LDLコレステロールを減らし、HDLコレステロールを増やすことが重要です。最近では、LDLコレステロールが高いことだけでなく、HDLコレステロールが低いことも問題であるため、高脂血症という呼び方以外に、脂質異常症とも呼ばれています。

高脂血症の原因は食事や運動不足などの生活習慣の乱れがあげられます。その中でも食事の影響は最も大きく、高カロリーの食べ物・飽和脂肪酸・コレステロール・糖質などを多く含む食品、アルコールの取り過ぎは、コレステロールや中性脂肪を増加させます。特にコレステロールが多い食事は、LDLコレステロールを増加させ、アルコールや炭水化物の多い食事は、中性脂肪を増加させます。また、運動不足は中性脂肪の代謝を悪くし、タバコは善玉コレステロールを減らします。

それ以外の原因としてはホルモンの異常や家族性高コレステロール血症という遺伝の病気や薬の副作用により起こることもあります。

ページのトップに戻る