予防接種の副作用

インフルエンザワクチンの接種後の副作用は

  • 接種から数日中に、注射した部分が赤くなったりはれたり、硬くなったりして、痛みが出ることがあります。
  • 発熱、頭痛、悪寒、下痢、倦怠感、蕁麻疹などの全身性の反応は、通常2~3日でこれらの症状は消えます。

その他のインフルエンザワクチン副作用

重症な健康被害として、ギラン・バレー症候群があげられますが、発症率は1/10万です。
健康被害の原因としてその予防接種を否定できない場合には、医薬品副作用被害救済・研究振興調査機構法による被害救済の対象となります。

ページのトップに戻る