インフルエンザの症状

インフルエンザは通常のかぜと比較して、感染力が強く、症状が重くなりやすく、治るまでに時間がかかります。
インフルエンザウイルスに感染すると、1~3日間くらいの潜伏期間を経て、突然38度から40度前後の高熱が出て、インフルエンザが発病します。それとともに、悪寒、頭痛、筋肉痛、咳、痰、食欲不振、関節痛、全身倦怠感、鼻水、のどの痛み、腰の痛みなど様々な症状が現れます。下痢やおなかの痛みなどの消化器症状がでることもあります。

症状だけでは診断することは難しく、診断を下すためにはインフルエンザウイルスに感染しているかどうかの検査をします。インフルエンザ迅速診断キットが検査に使用し、診断します。
インフルエンザに感染すると通常2、3日でピークを迎えて、1週間前後で治ります。炎症が強い場合は咳だけ残ったり、のどの違和感が続いたりすることもあります。

ページのトップに戻る