インフルエンザの治療法

インフルエンザの治療法はしっかり休養をとること、薬物療法が中心になります。
休養をとり、免疫力を高めることは重要です。免疫力が弱った状態では、インフルエンザウイルスが増殖しやすく、回復が遅れ、肺炎などの合併症を引き起こしてしまうこともあります。

抗ウイルス薬はインフルエンザ感染に最も有効な治療薬です。インフルエンザウイルスの増殖を抑えるタミフルまたはリレンザなどを使用します。
また、早めに治療することは、自分の身体を守るためだけでなく、周りの人にインフルエンザをうつさないという意味でも大切なことです。

その他の薬物療法としては、抗ウイルス薬の使用とともに症状に合わせた薬を使用します。具体的には、熱が高い場合は熱を下げる薬、咳がひどい場合は咳止めの薬、鼻水がひどい場合は鼻水の薬、漢方薬など、症状にあわせた薬を服用します。

ページのトップに戻る