インフルエンザと漢方

インフルエンザの漢方薬には麻黄湯(まおうとう)、葛根湯(かっこんとう)などを使用します。

ページのトップに戻る

体力がある場合(実証)

麻黄湯(まおうとう)

風邪のひき始めやインフルエンザの感染により、ゾクゾク寒気がし、発汗がなく、関節痛や腰痛など体のふしぶしが痛むときに用います。

漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。麻黄湯は、主薬の麻黄(まおう)を中心に、下記の4種類の生薬からなります。麻黄(まおう)と桂皮(けいひ)は発汗・発散作用をもつ代表的な生薬で、病因を発散して追い出すような働きをします。
また、麻黄には薬理的にも重要な役割をする交感神経刺激薬のエフェドリンが含まれます。
さらに、鎮咳・去痰作用のある杏仁(きょうにん)、緩和作用をもつ甘草(かんぞう)が加わります。これらがいっしょに働くことで、インフルエンザに効果を発揮します。

  • 麻黄(マオウ)
  • 桂皮(ケイヒ)
  • 杏仁(キョウニン)
  • 甘草(カンゾウ

大青竜湯(だいせいりゅうとう)

発汗がなく、苦しい症状があるときのインフルエンザ

体力がふつうの場合(中間証)

葛根湯(かっこんとう)

風邪のひき始め、インフルエンザの感染で、発汗がなく、ゾクゾク寒気がするとき、また、頭痛や肩こり、筋肉痛などにも適応します。 漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。 葛根湯は、主薬の葛根をはじめ、下記の7種類の生薬からなります。薬理的に重要な役割をする麻黄(まおう)には、交感神経刺激薬のエフェドリン類が含まれます。この成分は、西洋医学の気管支拡張薬と同様の作用を示し、咳やゼイゼイする喘鳴(ぜいめい)を抑えます。その他にも、おだやかな発汗、発散作用のある桂皮(けいひ)、痛みをやわらげる芍薬(しゃくやく)、炎症やアレルギー症状を緩和する甘草(かんぞう)などが配合されています。これらがいっしょに働くことで、インフルエンザに効果を発揮します。

  • 葛根(カッコン)
  • 麻黄(マオウ)
  • 桂皮(ケイヒ)
  • 芍薬(シャクヤク)
  • 甘草(カンゾウ)
  • 大棗(タイソウ)
  • 生姜(ショウキョウ)

体力がない場合(虚証)

桂枝二越婢一湯(けいしにえっぴいちとう)

発汗して口渇があるときのインフルエンザ

桂枝湯(けいしとう)

軽い発汗作用があり、体の熱や腫れ、あるいは痛みを発散して治します。自然に汗が出やすく、体力のあまりない人に向いています。風邪のひき始め、インフルエンザの感染で、ゾクゾク寒気がするときに使用します。あるいは、頭痛、神経痛、筋肉痛などに適応します。

漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。桂枝湯は、主薬の桂枝(桂皮)をはじめ、下記の5種類の生薬からなります。おだやかな発汗・発散作用のある桂皮(けいひ)、痛みをやわらげる芍薬(しゃくやく)、体をあたためる生姜(しょうきょう)、緩和作用のある甘草(かんぞう)などが配合されています。これらがいっしょに働くことで、インフルエンザに効果を発揮します。

  • 桂皮(ケイヒ)
  • 芍薬(シャクヤク)
  • 生姜(ショウキョウ)
  • 大棗(タイソウ)
  • 甘草(カンゾウ)

麻黄細辛附子湯(まおうぶしさいしんとう)

発汗作用があり、体の熱や腫れ、あるいは痛みを発散して治します。また、体をあたため痛みをやわらげます。体の弱い人もしくは高齢の人の病気の初期症状に向く処方です。
一般的には、そのような人の風邪のひき始め、インフルエンザの感染で、倦怠感と悪寒が著しく、発熱やふしぶしの痛みなどをともなうときに用います。

漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。麻黄附子細辛湯は、その名が示すよう、麻黄(まおう)と附子(ぶし)と細辛(さいしん)の下記の3種類の生薬からなります。麻黄(まおう)は発汗・発散作用をもつ代表的な生薬で、病因を発散して追い出すような働きをします。
また、麻黄には薬理的にも重要な役割をする交感神経刺激薬のエフェドリン類が含まれます。これに、体をあたため痛みをやわらげる附子(ぶし)と細辛(さいしん)が加わります。これらがいっしょに働くことで、インフルエンザに効果を発揮します。

  • 麻黄(マオウ)
  • 附子(ブシ)
  • 細辛(サイシン)

ページのトップに戻る