インフルエンザの治療薬

インフルエンザの治療薬には、抗ウイルス薬であるインフルエンザウイルスの増殖を抑えるタミフル、リレンザなどを使用します。
タミフルとリレンザはA型、B型の両方に有効性があります。
タミフルは飲み薬、リレンザは吸入する薬で、両方とも48時間以内に服用しなければ効果がありません。発病48時間以内に服用すれば、ウイルスの増殖を抑える効果があります。インフルンザ検査にて陽性であれば、抗ウイルス薬を使用します。

タミフル、リレンザなどの抗ウイルス薬を使用するとともに、症状によって合わせた薬を同時に使用します。

熱が高い場合や痛みが強い場合は、熱を下げる効果や痛み止めの効果のある薬を使用します。なお、痛み止めは頭痛、のどの痛み、関節痛、腰痛などにも効果的です。
カロナール

咳がひどい場合は咳止めの薬を使用します。
アストミン、メジコン、フスコデ、麦門冬湯(漢方薬)

鼻水がひどい場合は鼻水の薬を使用します。
PL顆粒、ポララミン、アレグラ

その他にも、咳がひどい場合、気道を広げる作用のある薬を使用することがあります。
ホクナリンテープ、テオドール

気道が敏感になっている場合は過敏性を抑える薬を使用します。
ブランルカスト、オノン、シングレア

長引く咳の場合は、気道の炎症を抑える効果のある吸い薬を使用します。
アドエアー、シムビコート

ページのトップに戻る