鼻水でお困りの方へ

鼻水(はなみず)は、鼻から出る液体で、鼻汁とも呼ぶこともあります。
鼻詰まり(はなづまり)は、鼻の粘膜に炎症が起きるために、鼻粘膜が腫れて、鼻の中の空気の通りが妨げられ起こります。
鼻水は、鼻から吸った空気に適度な湿り気を与えたり、気道の粘膜を保護するために常に分泌されています。

ページのトップに戻る

鼻水の原因

鼻水の原因で最も多いのは風邪によるもので、春になるとスギ花粉症によるアレルギー性鼻炎が原因になります。

ウイルスや細菌などの感染による風邪

風邪のウイルスが鼻に侵入すると、鼻の粘膜から鼻水がたくさん分泌されます。
鼻の粘膜が過剰に刺激されると、いわゆる鼻風邪と呼ばれる急性鼻炎の症状を引き起こします。最初はさらさらとした透明な水っぱなで、数日するとねっとりした鼻水にかわります。
鼻水以外にも、鼻づまり、発熱、頭痛、頭重感などが現れることもあります。

花粉やハウスダストなどによるアレルギー性鼻炎

花粉が飛散している時期に起こる季節性アレルギー性鼻炎と、ハウスダストによる一年中続く通年性アレルギー性鼻炎があります。
スギ、ヒノキなどの花粉や、ダニやホコリなどのハウスダストといったアレルギーの原因になるものが、鼻の粘膜を刺激して鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの症状を引き起こします。
日本人で最も多いのが、春のスギ花粉症です。

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)

副鼻腔の炎症が慢性的に繰り返して起こります。症状がひどい場合、粘り気を持った鼻水は鼻から出るだけではなく、のどに回ることもあります。
他にも頭が重い感じ、鼻づまり、嗅覚の障害などの症状が現れることもあります。

血管運動性鼻炎

朝晩の気温差や湿度の変化など、わずかな刺激にも敏感に鼻の粘膜が反応して、鼻水、鼻づまり、くしゃみが起こることがあります。

急性副鼻腔炎

風邪などの粘膜の炎症が、副鼻腔と呼ばれる鼻の周囲にある空洞に広がって起こります。
炎症の広がり方によっては、発熱、額の周囲、目と目の間、歯などに痛みが現れることもあります。

ページのトップに戻る

鼻水の治療法

風邪の場合

鼻水を止める抗ヒスタミン薬の入った風邪薬(PL顆粒、ピーエイ)を使用します。

花粉症の場合

抗アレルギー薬(アレグラ、アレロック、ジルテック、エバステル)を使用します。
鼻水がひどい場合は、点鼻薬(アラミスト、ナゾネックス)やセレスタミンを使用することもあります。

ページのトップに戻る

鼻水の注意点

マスクをして保湿する

花粉症や血管運動性鼻炎の場合、マスクをして保湿、保温することで症状が緩和されます。

アレルギーの原因を避ける

ハウスダストなどアレルギーの原因物質がはっきりわかっている場合は、こまめに部屋の掃除をします。
スギ、ヒノキなど花粉症がある場合は外出のあと家に戻るときに服についた花粉を払う、部屋の拭き掃除をする、ふとんを外干ししないなど、アレルギーの原因物質を避けることが大切です。

ページのトップに戻る