眠くなりにくい風邪薬

眠くなりにくい風邪薬

風邪薬の中には、眠くなりやすい成分が入っていることがあります。特に鼻水や鼻づまりを抑える作用のある抗ヒスタミン薬の飲み薬は眠気をもよおす原因になりやすいといえます。

抗ヒスタミン薬の飲み薬も眠くなりやすい方と眠くなりにくい方個人差があります。

鼻水を抑える抗ヒスタミン薬および抗アレルギー薬の飲み薬には、アレグラ、クラリチン、アレジオンなど、眠気の起こしにくいものもあります。

眠くなりにくい風邪薬は、内科や耳鼻科(耳鼻咽喉科)などのクリニック、病院で処方されます。眠くなりやすい方は病院で薬を処方してもらう際は、風邪薬で眠くなりやすいと伝えて医師に相談するとよいでしょう。

ページのトップに戻る