花粉症

花粉症

花粉症とは、鼻や目やのどにスギやヒノキなど花粉が付着してアレルギー反応が引き起こされます。

花粉症の状態になると、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみ、目の充血、のどのかゆみなどの症状があらわれます。それ以外にも、肌荒れ、頭が重い感じ、微熱などの症状があらわれることもあります。

花粉症の検査は採血にて、IgE抗体の調べます。春であれば、スギ、ヒノキなど、秋であれば、ブタクサ、ヨモギなどが疑われますので、アレルギー検査することがあります。

花粉症の治療法は、鼻水、鼻づまり、くしゃみに対しては、鼻水、鼻づまりを抑える飲み薬(アレグラ、アレロック、ザイザル、クラリチン、ジルテック、エバステル、アレジオン、タリオンなど)と目のかゆみに対しては、目のかゆみを抑える目薬(パタノ-ル、リボスチン、リザベンなど)、鼻水、鼻づまりがひどいときは、鼻水、鼻づまりを抑える点鼻薬(アラミスト、フルナーゼ、ナゾネックスなど)を使用します

花粉症の症状がでてしまったら、マスクやメガネをして花粉が体に付着しないように気をつけてください。

花粉症の軽くするには、花粉症の初期療法があります。花粉の症状がでる少し前から、症状がない時期にも花粉症の飲み薬を飲み続けることにより、花粉が本格的に飛散して症状がでてきた場合でも、軽い症状ですむことがあります。ご希望の方は、医師「花粉症初期療法」について相談するとよいでしょう。

花粉症で鼻水、鼻づまり、目のかゆみがひどい場合は、内科、耳鼻科(耳鼻咽喉科)、アレルギー科を受診します。目のかゆみ中心であれば、眼科を受診することもあります。

花粉が飛散するシーズンを乗り切るためのグッズ

花粉が飛散するシーズンを、ずっと自宅の中で過ごすということはまず不可能です。仕事や買い物のために外出しなければなりませんので、少なからず花粉の猛威にさらされてしまうことになります。そんな花粉シーズンを乗り切る方法としては、当院耳鼻科で初期治療を受けたり、事前に耳鼻咽喉科で相談すると言った方法があります。

新宿にお勤め、お住まいの方で花粉症の症状にお困りの場合、以下のようなグッズを使用することで外出時の花粉の影響を最小限に抑えることができます。

まずは基本となる「マスク」です。花粉症対策として最も知名度が高いグッズです。シーズンになれば「花粉症用のマスク」といったものも販売されていますし、通勤途中でコンビニで購入することもできます。

そんな花粉症対策のマスクですが、花粉症用のマスクでないと効果がないというわけではありません。一般的なマスクだけでも、花粉が体内に侵入する量を約3分の1まで低下させることができます。また、湿ったガーゼをマスクに挟んでおくと、特にスギ花粉は水に付着しやすいため、体内への侵入を大幅に防ぐことができます。新宿にご勤務の方で花粉症用のマスクにお悩みの方は、当院耳鼻科にお越しください。

次に「メガネ」です。これも花粉症対策グッズとしては知名度が高いです。花粉症の症状の一つとして「目のかゆみ」があり、風邪との鑑別にも役立ちます。目に花粉が入り込まないようにするためには、メガネを着用することが有効です。視力に問題がない人でも、いわゆる「伊達メガネ」で花粉症対策と一緒にちょっとしたおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。

また、視力が低下して「コンタクトレンズ」を着用している方は、花粉シーズンだけでもメガネに切り替えることをお勧めします。理由は、花粉がコンタクトレンズと結膜の間で摩擦を起こし、炎症を起こす可能性があるからです。

次は「帽子」です。これは、髪に花粉が付着しないために被っておく必要があります。特に、髪の長い女性の場合、長い髪をまとめて覆うことができる大きめの帽子を被ることをお勧めします。花粉が飛散するシーズンは気温も低めなので、防寒目的としても役立ちます。

次は「表面がツルツルの服」です。これは、例えば「ポリエステル」などの化学繊維でできた服が該当します。ツルツルの服は花粉が付着しにくく、特に「ウール」などの表面がふわふわの服と比較すると花粉の付着率が大幅に低下します。もちろん少なからず花粉は付着しますが、自宅に入る前に手早く払いのけることができるのも特徴です。

ここまでは「身につけるもの」でしたが、ここからは少し変わったグッズになります。まずは「静電気防止スプレー」です。前述の通りウールなどは花粉が付着しやすいのですが、どうしてもウールなどの服を着用しないと行けない日もあるかと思います。そんな時には、静電気防止スプレーを使用することで、花粉の付着を最小限に抑えることができます。

次は「花粉防止クリーム」です。これは、鼻の穴に塗って、鼻から体内に花粉が入り込むのを防ぐことができるグッズです。マスクを着用していても、鼻は口ほど防護されず、隙間が生じやすいです。なので、マスクを着用する上にこのクリームを使用することで、花粉が体内に侵入するリスクを最小限に抑えることができるのです。

ただし、これには花粉症に対する薬用成分は含まれていませんので、治療効果は期待できません。逆に、薬用成分が配合されていないことによって副作用の心配も無いという点はメリットとなります。

最後は「人工涙液」です。これは涙と似た性質の点眼薬であり、薬局で購入することができます。目に入り込んでしまった花粉を洗い流すことができます。水道水で目を洗ってしまうと目の細胞を傷つける原因になるため、目を傷つけずに花粉を洗い流すために重要な役割を果たしてくれます。

必要なグッズに悩んだ際には、耳鼻咽喉科等でお勧めのグッズについて相談してみるのも良いでしょう。症状に合わせたグッズを紹介してくれるかもしれません。

ページのトップに戻る