花粉症

花粉症

花粉症とは、鼻や目やのどにスギやヒノキなど花粉が付着してアレルギー反応が引き起こされます。

花粉症の状態になると、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみ、目の充血、のどのかゆみなどの症状があらわれます。それ以外にも、肌荒れ、頭が重い感じ、微熱などの症状があらわれることもあります。

花粉症の検査は採血にて、IgE抗体の調べます。春であれば、スギ、ヒノキなど、秋であれば、ブタクサ、ヨモギなどが疑われますので、アレルギー検査することがあります。

花粉症の治療法は、鼻水、鼻づまり、くしゃみに対しては、鼻水、鼻づまりを抑える飲み薬(アレグラ、アレロック、ザイザル、クラリチン、ジルテック、エバステル、アレジオン、タリオンなど)と目のかゆみに対しては、目のかゆみを抑える目薬(パタノ-ル、リボスチン、リザベンなど)、鼻水、鼻づまりがひどいときは、鼻水、鼻づまりを抑える点鼻薬(アラミスト、フルナーゼ、ナゾネックスなど)を使用します

花粉症の症状がでてしまったら、マスクやメガネをして花粉が体に付着しないように気をつけてください。

花粉症の軽くするには、花粉症の初期療法があります。花粉の症状がでる少し前から、症状がない時期にも花粉症の飲み薬を飲み続けることにより、花粉が本格的に飛散して症状がでてきた場合でも、軽い症状ですむことがあります。ご希望の方は、医師「花粉症初期療法」について相談するとよいでしょう。

花粉症で鼻水、鼻づまり、目のかゆみがひどい場合は、内科、耳鼻科(耳鼻咽喉科)、アレルギー科を受診します。目のかゆみ中心であれば、眼科を受診することもあります。

ページのトップに戻る