のどの痛み

のどの痛み

のどは、食べ物や水分を飲み込むときの通り道であると同時に、呼吸の際の空気の通り道です。のどの痛みは、のどの粘膜がなんらかの原因により、のどの神経を刺激して痛みを感じます。

のどの痛みがでる病気としては、風邪、扁桃腺炎などがあげられます。それ以外にも喫煙や声の出しすぎなどのこともあります。

のどの痛みの治療法は病気により異なりますが、風邪や扁桃腺炎の場合は、痛み止めの飲み薬(ロキソニン、ブルフェン、ボルタレン、カロナールなど)や、細菌感染が疑われる場合は抗生物質の飲み薬(クラリス、クラリシッド、オゼックス、ジェニナック、クラビットなど)を使用します。

のどの痛みで病院にかかる場合は、内科や耳鼻科(耳鼻咽喉科)におかかりになるとよいでしょう。

ページのトップに戻る