頭痛

頭痛

ほとんどの頭痛は、頭蓋骨の内外にある血管。筋肉、神経が刺激を受けるために起こります。

頭痛の原因は、風邪などの急性頭痛、片頭痛や緊張性頭痛などの慢性頭痛などのことが多く、それ以外にもくも膜下出血や脳出血による頭痛のこともまれにあります。

頭痛の治療法は病気により異なります。風邪の場合は、痛み止めの飲み薬(ロキソニン、ボルタレンなど)を使用します。緊張性頭痛の場合は、痛み止めの飲み薬や筋肉のこりをほぐす飲み薬(ミオナール、テルネリンなど)を使用します。片頭痛の場合は、痛み止めの飲み薬(ロキソニン、ボルタレン、ブルフェンなど)やトリプタン製剤の飲み薬(イミグラン、マクサルト、レルパックスなど)を使用します。

風邪や片頭痛による頭痛であれば、内科や神経内科のクリニック、病院におかかりになるとよいでしょう。くも膜下出血や脳出血による頭痛であれば、救急車をお呼びになるか、救急設備のある病院におかかりになることをおすすめします。

ページのトップに戻る