痛みでお困りの方へ

皮膚の痛みは、怪我などをしたときに、それを知らせてくれる身を守るための感覚でもあります。
皮膚に入った刺激は、感覚神経終末という感覚をつかさどる神経の先端に到達します。そして、そこで活動電位という電気信号に変換されます。
その電気信号が神経を伝わって、脳に到達し、脳で痛みという感覚を感じます。

ページのトップに戻る

皮膚の痛みの原因

皮膚の痛みは様々な原因で引き起こされます。

皮膚細菌感染症(にきび、毛のう炎、ひょうそ、丹毒、蜂窩織炎、とびひ)

皮膚に細菌が感染し炎症を起こすため、痛みやかゆみが引き起こされます。

帯状疱疹(たいじょうほうしん)

神経の走行に沿って帯状に赤い発疹と水ぶくれが出現し、痛みやかゆみが引き起こされます。発疹や水ぶくれは左右どちらかの半身に出現するのが特徴です。

ページのトップに戻る

皮膚の痛みの治療法

原因により治療法は変わります。
皮膚細菌感染症であれば、抗生物質の飲み薬(フロモックス、ファロム、オゼックス)と塗り薬(フシジンレオ、クロマイP)を使用します。

帯状疱疹であれば、抗ウイルス薬(ファムミビル、バルトレックス)を使用します。

ページのトップに戻る

痛みの注意点

一般的には、皮膚細菌感染症であれば、軽く冷やすのがよいでしょう。
帯状疱疹の場合は逆で、冷やさずに、軽く温めてあげるのがよいでしょう。

他にも皮膚に痛みが起こる皮膚病はたくさんありますので、自己判断せずに皮膚科を受診されることをお勧めします。

ページのトップに戻る