プラセンタ注射 副作用

プラセンタの注射部位の反応として赤みや痛みが生じることもあります。
プラセンタ注射を打つ間隔は個人差があります。

なお、気になるときだけプラセンタ注射することも可能です。
プラセンタは人の胎盤を使用しているため、未知の生物が混入されている可能性は否定できません。
輸血と同じ扱いになるため、献血することができなくなります。

受付時に承諾書をお渡しいたしますので、新宿駅前クリニックでは承諾書をお書きいただいております。国内および海外ではプラセンタ注射による感染症の報告は現在のところありません。

ページのトップに戻る