性感染症の症状

一般的に性病といわれる、性感染症(STD)は性行為による感染症のことをいいます。淋病、クラミジア、尖圭コンジローム、HIV(エイズ)、梅毒、ヘルペス、トリコモナスなどが代表的です。
その中でも特にクラミジア淋菌などの性感染症は若い世代を中心に広がっています。

性感染症は気がつかない間に、感染していることもあります。性感染症の種類により症状もそれぞれ違いますので、早期発見、早期治療が重要になります。

淋病

淋病は尿道炎を引き起こす性感染症の一つです。
男性は症状が出ないこともありますが、排尿時痛、排尿時違和感、膿、尿の回数が増える、残尿感などの症状があります。クラミジアに比べると激しい痛みや膿などの症状がでやすい傾向にあります。

女性は、初期の自覚症状があまり出にくいですが、進行すると膿のようなおりものがでたり、かゆみを感じたりすることがあります。さらに進行すると子宮内膜炎や卵管炎や腹膜炎を引き起こすこともあります。
また、治療が遅れると、不妊症の原因になることもあります。

クラミジア

クラミジアは尿道炎を引き起こす性感染症の一つです
。 男性は症状がまったく出ないこともありますが、排尿時違和感、排尿時痛、膿、尿道のかゆみ、尿の回数が増える、残尿感などの症状があります。淋菌に比べて症状はでにくい傾向にあります。

女性は自覚症状が出にくいのが特徴です。女性が感染しそのまま進行すると、子宮頚管炎を起こし、またさらに進行すると、卵管炎や腹膜炎を引き起こし、不妊症となる場合があります。

尖圭コンジローム

尖圭コンジロームはウイルス性の性感染症の一つで、症状は、イボが単発または多発する皮膚症状がでる病気です。増殖が激しいとカリフラワー状になることもあります。
コンジロームは再発の可能性があり、その度に治療が必要になりますので、治っても定期的に皮膚の観察が必要です。

HIV(エイズ)

HIVに感染しても基本的には症状がありません。長い潜伏期の後、エイズが発病し、はじめて症状が出現します。

梅毒

梅毒は性感染症の一つで、主な症状として、初期段階に赤くて固いはれ物ができ、その後に赤い斑点が全身に広がります。

ヘルペス

ヘルペスはウイルス感染症の一つで、初感染では水ぶくれができて、それが潰れて潰瘍になり激しい痛みを伴います。一度よくなっても、しばらくして再発することが多い病気です。

トリコモナス

トリコモナスはトリコモナス原虫による感染症です。男性はまったく無症状のことがほとんどです。女性は症状がないこともありますが、臭いのあるおりものが出ることもあります。

性病の多くが症状がないか、もしくはそれほど強くないこともあるので、多くの人が関心があってもあまり深刻に考えず、予防や治療に対する対応が不十分になることが多い病気です。

ページのトップに戻る