性病の潜伏期間

性病の潜伏期間は性病の種類によりさまざまです。

目安にしていただければと思いますが、感染していても症状が全くでないこともありますので、その点に関しては注意が必要です。

クラミジアの潜伏期間

5日~3週間前後

淋病の潜伏期間

2日~10日前後

尖圭コンジロームの潜伏期間

数ヶ月~1年前後  潜伏期間が長いのでいつ感染したのか把握することが難しいこともあります。

梅毒の潜伏期間

3週間前後

性器へルペスの潜伏期間

2日~3週間前後

HIVの潜伏期間

HIVウイルスに感染してから、血液検査でHIVウィルスが検出されるようになるのは、抗体がつくられるようにな る4週間以降になります。正確に検出する為には感染から3ヶ月必要になります。 感染の機会から3ヶ月以上経っての検査で陰性の場合には、感染していないと確定できます。現在使用されている検査法は非常に改善されており、通常は、感染 から1ヶ月後には抗体が検出されます。よって、1ヶ月以上経ってからの検査で陰性であれば、感染の可能性はかなり低く、2ヶ月以上経ってからの検査で陰性 であれば、感染の可能性はほとんどないといえますが、確定するためには、3ヶ月以降の検査または再検査をお勧めしています。 新宿駅前クリニックでは即日検査はおこなっておりません。即日検査ご希望の場合は、お近くの保健所にて無料のHIV検査をお受けいただくことをおすすめし ております。

ページのトップに戻る