性病Q&A

恋人からクラミジアにかかっていると連絡があり、どうすればよいですか

クラミジアなどの性感染症は性交渉で感染する病気です。

恋人がクラミジアに感染していた場合、ご自身もクラミジアに感染している可能性があります。

性感染症の検査をおこなっている病院を受診して、クラミジアの尿検査(クラミジアPCR法)をおこない、感染しているかどうか確認するとよいでしょう。

ページの上部へ

尖形コンジローマの治療薬はありますか

尖形コンジローマの治療には、液体窒素と塗り薬が中心になります。

尖形コンジローマの塗り薬には、べセルナクリームという薬があり、1日おきに使用すると徐々に小さくなり効果的です。

べセルナクリームはかぶれやすいので、じゅくじゅくしたり、びらんになるようなら中止していただき、医師に相談してください。

ページの上部へ

口内性交(フェラチオ)でクラミジアなどの性病が感染することはありますか

女性の咽頭にクラミジアや淋病などの性感染症の原因となる菌がいた場合、口内性交(フェラチオ)でクラミジアなどの性病が男性の性器に感染することはあります。

感染しても症状がないこともあれば、排尿時の痛み、灼熱感、膿など症状がしっかりでてしまうこともあります。

新宿駅前クリニックでは症状がある場合は、保険診療をおこなっております。

男性のクラミジアなどの尿道炎の場合は、尿検査をおこない、遺伝子を増幅させるPCR法で感染しているかどうか検査します。

ページの上部へ

尿道炎の性病検査は保険が効きますか

通常、クラミジアや淋病などの尿道炎を疑われる症状があり、保険証をお持ちであれば、保険が効きます。

保険診療をおこなっている病院であれば3割負担で尿道炎の性病検査が可能です。

なお、自由診療のみの病院では保険証をお持ちでも保険は適応されません。

新宿駅前クリニックでは保険診療をおこなっており、クラミジアや淋病などを疑われる症状があれば性病検査可能です。

ページの上部へ

白い膿と排尿時の痛みがあるのですが、性病ですか

数日前から、尿道の中から白い膿と排尿時の痛みがある場合、クラミジアや淋病、もしくは雑菌性の尿道炎が疑われます。

性交渉で感染する性病であることが多いですが、中には疲れや睡眠不足で尿道内に細菌が感染してしまうこともあります。



ページの上部へ

クラミジアの検査は痛くないでしょうか

以前は尿道の中に綿棒をいれて粘膜をこする方法でしか検査ができなかったため、かなり痛みがありましたが、現在は尿検査でクラミジアがいるかどうかわかるようになりました。

具体的には2時間以上尿をしない状態で、尿をとっていただき精密検査(クラミジアPCR法)します。コップに尿をいれていただきますが、クラミジア検査による痛みはありません。



ページの上部へ

クラミジアと淋病の違いは検査しないとわかりませんか

クラミジアと淋病の違いは症状や診察だけでは断定することはできません。

一般的には淋病の方がクラミジアよりも症状が強くでやすい傾向にはありますが、淋病でも症状がでないこともあります。

新宿駅前クリニックでは症状があれば、保険診療にてクラミジアおよび淋病の検査をおこなっております。

尿の検査になり、保険診療であれば、診察料と検査代では合計3000円前後です。

ページの上部へ

クラミジアは、オーラルセックスでも感染しますか

クラミジアは、オーラルセックス(口内性交)でも感染することがあります。

女性の咽頭にクラミジアや淋菌に感染していると、オーラルセックス(口内性交)にて男性の尿道内に感染します。

クラミジアが感染しているかどうかは咽頭の粘膜を擦り、SDA法でクラミジア検査することにより判定します。

新宿駅前クリニック泌尿器科では咽頭クラミジア検査をおこなっております。

ページの上部へ

尿道炎(クラミジア、淋病)の検査の流れを教えてください

尿道炎検査治療(クラミジア、淋病、雑菌)の流れを説明させていただきます。

受付にて問診票をご記入いただき、診察室の前でお待ちください。その際は他の方に泌尿器科を受診していることはわかりませんのでご安心ください。

医師の診察となります。尿道炎を疑われる症状(排尿時違和感、排尿時痛、残尿感、頻尿など)があり、クラミジアや淋菌やそれ以外の雑菌にも効果のある抗生物質の飲み薬(ジスロマックSR、グレースビット、オゼックスなど)を処方いたします。

病院の化粧室にて、採尿していただき、受付へご提出してください。(より正確な尿検査をおこなうため、できれば2時間以上尿をしない状態で、採尿してください。)

受付へご提出後、会計となります。薬の処方がある場合は、同時に処方せんもお渡しいたします。(なお、保険診療の場合、診察料と検査料が合計で3000円前後となります。通常、薬の処方がある場合は調剤薬局での薬代は1週間分で2000円前後になります。)

検査センターでの精密検査は1週間かかりますので、ご予約は必要ありません。1週間後以降のご都合のよい時間に、ご来院ください。

ジスロマックSRは1回飲むと1週間効果が持続しますので、飲み忘れも防ぐこともできます。抗生物質ですので、下痢になることがあるかもしれませんが、1日、2日でよくなりますので、心配いりません。一緒に整腸剤(ビオフェルミンR)を同時に飲むと下痢が起こりにくくなります。

2回目の診察では、検査結果と今後の治療方針をご説明いたします。

1週間後にクラミジアもしくは淋病が陽性だった場合は、念のためもう一度同じ薬を飲んでいただくか、効果がいまいちであれば、別の種類の抗生物質の飲み薬(グレースビット、クラビット、オゼックスなど)を使用します。
症状がなくなった場合でも、クラミジアや淋菌が潜伏的に感染していることもありますので、薬を飲み終わってから、もしくは薬の効果がなくなってから、2週間以上たってから、再度クラミジアや淋菌が残っていないかどうか再度検査をします。
症状がなくなったので、治っているだろうと考え検査を省略してしまう場合、時間がたってから症状がぶり返して再発してしまうこともありますので、クラミジアもしくは淋病の再検査をして陰性になったことを確認されることをお勧めしております。

性病検査の流れについての例(多少日にちが前後しても問題ありません。)
7月10日 クラミジアおよび淋病の検査、抗生物質の内服
7月17日 クラミジアおよび淋病の検査結果説明、クラミジア検査陽性の場合、抗生物質の2回目の内服
8月7日 クラミジアの再検査
8月14日 クラミジアの再検査結果説明、クラミジア検査陰性の場合、治療終了になります。

ページの上部へ

女性の性病検査治療の場合は婦人科にかかった方がいいですか

新宿駅前クリニック泌尿器科は男性の性病検査および性病治療を中心におこなっております。

女性の性病検査および性病治療は婦人科を受診されることをおすすめします。




ページの上部へ

男性の場合、クラミジア、淋病の尿検査は痛いですか

男性の場合、クラミジアおよび淋病の尿検査は、ご自身で尿を採取していただきますので、痛みはありません。

綿棒を尿道にいれたり、採血したりすることはありません。

尿検査をする場合は、2時間以上尿をしていない状態で尿検査をする必要があります。

ページの上部へ

性病検査、治療は保険診療していますか

新宿駅前クリニックは西新宿のオフィス街にありますが、性病の検査および治療をおこなっております。

新宿駅前クリニックは保険診療をおこなっております。クラミジアや淋病などの尿道炎の検査、治療は症状があれば、保険適応となり検査と診察料はあわせて3000円前後になります。

新宿駅前クリニックでは、性病科、泌尿器科の病気の中でも、女性の膀胱炎、男性の尿道炎(クラミジア、淋病、細菌性)、亀頭包皮炎(細菌性、カンジダ性)、性器ヘルペス、尖形コンジローマの診断治療を中心におこなっております。

女性の性病科の病気は婦人科の受診をおすすめしております。

泌尿器科の病気の中でも、精密検査が必要な病気(尿路結石、前立腺癌、前立腺肥大、過活動膀胱)は対応が難しい場合もございますので、設備の充実した総合病院の泌尿器科の受診をおすすめしております。近隣ですと、東京医科大学泌尿器科(新宿駅西口より徒歩10分)、JR東京総合病院(新宿駅南口より徒歩3分)、新宿石川病院(新宿西口より徒歩7分)がございます。

ページの上部へ