性感染症の検査費用

性感染症検査は検査項目により費用が異なります。

性感染症を疑わせる症状があれば、性感染症の検査は保険診療となります。
新宿駅前クリニックは保険診療をおこなっておりますので、保険がきかない自費診療よりも費用負担が軽くすみます。

淋病(淋菌性尿道炎)検査費用(保険適応の場合)

淋病(淋菌性尿道炎)の場合は、診察料や尿検査費用(尿中淋菌PCR法など)も含めての費用は、合計3000円前後です。

クラミジア(クラミジア性尿道炎)検査費用(保険適応の場合)

クラミジア(クラミジア性尿道炎)の場合は、診察料や尿検査費用(尿中クラミジアPCR法など)も含めての費用は、合計3000円前後です。
一般的には、クラミジアは淋病より症状が軽く、症状がほとんどないこともあります。

尖形コンジローム検査費用(保険適応の場合)

皮膚の状態や経過などから診断可能なため、検査は特に必要ありません。
尖形コンジロームの場合は、診察料や液体窒素による凍結療法を含めての費用は、合計2000円前後です。

性器ヘルペス検査費用(保険適応の場合)

性器ヘルペスに感染しているかどうかは、血液検査によっては正確にはわかりません。そのため、新宿駅前クリニック泌尿器科では性器ヘルペスの検査はしておりません。
一般的には、水ぶくれや痛みなどの症状があれば、皮膚の状態や経過などから診断が可能です。
性器ヘルペスの検査はしておりませんが、診察料や処方料の費用は、合計1500円前後です。

亀頭包皮炎検査費用(保険適応の場合)

亀頭包皮炎の場合は、診察料や皮膚培養検査も含めての費用は、合計2500円前後です。

ページのトップに戻る