性感染症の治療法

性感染症の症状ごとに、治療法をご紹介します。

ページのトップに戻る

淋病

抗生物質の飲み薬を使用します。1週間後に病院を受診して、症状や経過などから、治りが悪いようであれば、薬を再度使用します。淋菌は抗菌薬に対して耐性(抗生物質がきかない状態)を作りやすく、耐性菌の出現が治療が長引くことがあります。

ページのトップに戻る

クラミジア

抗生物質の飲み薬を使用します。1週間後に病院を受診して、症状や経過などから、治りが悪いようであれば、薬を再度使用します。

ページのトップに戻る

尖形コンジローム

液体窒素(えきたいちっそ)による凍結療法、抗ウイルス剤のベセルナクリームで治療します。
液体窒素で凍らせた綿棒を数秒間、コンジロームに接触させて凍らせます。通常、1~2週間ごとに何度か繰り返す必要があります。

ページのトップに戻る

性器ヘルペス

抗ウイルス薬の飲み薬で治療します。ウイルスの増殖を抑える効果があるので、できるだけ早めに飲むと効果的です。

ページのトップに戻る

亀頭包皮炎

細菌性の亀頭包皮炎の場合、抗生物質の塗り薬または炎症を抑える塗り薬を使用します。炎症がひどい場合、抗生物質の飲み薬を使用します。
カンジダ性の亀頭包皮炎の場合、カンジダに効果のある抗真菌剤の塗り薬を使用します。
細菌性、カンジダ性混合感染している場合、両方の薬を使用することもあります。

ページのトップに戻る

梅毒

抗生物質の飲み薬を使用します。血液検査をして、経過をみながら、飲み薬を飲む期間を調節します。

ページのトップに戻る