胃腸炎の原因

胃腸炎とはウイルスや細菌などが胃や腸に感染することで発症する病気です。

おなかの風邪、嘔吐下痢症、腸感冒とも呼ばれます。食品など原因が明らかな場合と原因がはっきりしないことがあります。

ウイルスの場合は、冬に流行しやすいノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスなどがあります。細菌性の場合は サルモレラ菌やカンピロバクターなどがあります。 

ページのトップに戻る