のどの痛みでお困りの方へ

のどの痛みの原因で最も多いのが、のどの粘膜の炎症です。
ウイルスや細菌などが感染することにより、粘膜が炎症を起こし、痛みを感じます。

ページのトップに戻る

のどの痛みの原因

のどの痛みの原因で最もよくみられるのが、風邪によるもので、咽頭炎および扁桃腺炎とも呼ばれます。

咽頭炎

ウイルスや細菌などによってのどの粘膜に炎症を起こす咽頭炎は、のどの粘膜が赤く腫れて、痛み、頭痛、発熱をともなうこともあります。

扁桃腺炎

のどの奥の扁桃腺にウイルスや細菌が感染することにより引き起こされます。のどの奥の扁桃が真っ赤に腫れ、白い膿がつくこともあります。
39~40℃の高熱、のどの激しい痛み、全身のだるさなどが現れます。さらに感染が広がり、首のリンパ腺が腫れて痛みが出ることもあります。

声の出しすぎなどによる声帯の酷使

大声をだす職業の人にみられますが、声帯を酷使すると、声帯の部分が炎症を起こして、痛みが生じることがあります。

タバコの煙による刺激

タバコの煙に含まれるタールは、のどや気管を刺激してのどの痛みを引き起こす原因になります。
直接タバコを吸っていなくても、周りの人が吐き出した煙によって痛むこともあります。

ページのトップに戻る

のどの痛みの治療法

咽頭炎や扁桃炎などのウイルスや細菌が感染した病気の場合

痛みをやわらげる鎮痛剤(ロキソニン、ボルタレン、ブルフェン、カロナール)を使用します。

細菌感染および細菌感染が疑われる場合

抗生物質の飲み薬(フロモックス、クラリス、クラリシッド、ファロム、クラビット、オゼックス)を使用します。

ページのトップに戻る

のどの痛みの注意点

室温、湿度を調整する

空気が乾燥すると、のども乾燥して痛みを感じやすくなります。
のどの炎症が悪化しにくい環境を作るために、室温が20~25℃に、湿度が60~80%になるように調整しましょう。

タバコを吸わない

タバコの喫煙習慣などを見直し、のどに負担をかけない生活を心がけましょう。

ページのトップに戻る