尿道炎の原因

尿道炎は、クラミジア、淋菌、非淋菌性非クラミジア性の細菌(大腸菌、緑膿菌、腸球菌など)が尿道の粘膜に感染するために引き起こされる病気です。

男性の場合は、尿道の入り口から尿道内に感染します。

性交渉、オーラルセックス、免疫力の低下などが原因となり感染します。性器や咽頭の粘膜からパートナーの性器や咽頭の粘膜へと感染します。
1回の性交渉でクラミジア感染症がうつる可能性は接触の時間、自分の体調などにより差があります。

ページのトップに戻る