男性の尿道炎

クラミジアや雑菌性尿道炎などの男性の尿道炎は症状が軽く、症状が出るまでの時間がかかることもあり、自分の知らない間に相手に感染させてしまうこともあります。

男性側に症状がなくても感染する可能性もあり、症状が出る前でも女性側に感染させてしまう可能性があります。可能性があればパートナーに早めに知らせましょう。

パートナーも感染している場合もあるため、2人同時の検査と治療が必要になります。本人だけが治療しても、パートナーが感染していれば再発を繰り返す可能性があります。

一般的には男性のクラミジアや淋菌などの尿道炎は泌尿器科を受診し、女性の場合は婦人科を受診してください。

ページのトップに戻る