尿道炎の注意点

クラミジア、淋菌、雑菌性尿道炎は抗菌薬に対して耐性(抗生物質がきかない状態)を作ることもあり、耐性菌の出現のため、治療が長引いてしまうことがありますので、適切な抗生物質の飲み薬(ジスロマックSR、グレースビットなど)を使用することが重要です。

尿道炎で泌尿器科の病院にかかり抗菌薬を服薬しても、症状が無くなると、自己判断で抗菌薬を飲むのを中止してしまう人もしばしば経験します。 症状がなくなってもまだ菌は感染していることもありますので、医師の指示どおりの期間きちんと内服してください。

不完全な治療は性行為感染を広げてしまう原因にもなります。 また、尿道炎の予防するには、コンドームを使用することは重要になります。また、不特定多数のパートナーとの性的接触を避けるようにします。

ページのトップに戻る