尿道炎の検査

男性の場合は、2時間以上尿をしないで、尿が膀胱にたまった状態からトイレにて紙コップに排尿して、尿中クラミジアPCR法、淋菌PCR法などで検査をします。 尿検査は男性用トイレで、ご自身で尿をとっていただき検査しますので、痛みはありませんので、ご安心ください。 クラミジア、淋菌、雑菌などが検出されるかどうか精密検査となります。尿中の白血球が増加している場合は、クラミジア、淋菌、雑菌などの細菌がいる証拠になります。 症状がなくなった場合でも、クラミジアや淋菌などが尿道の中に残っている可能性もありますので、薬の内服終了後、約2週間の期間をおいて再度尿検査して治癒しているかどうか確認します。

ページのトップに戻る